FC2ブログ

多目的615号室

絵:星香子、文:りお、実働部隊という名のニート:ねり、でお送りする創作ブログです。

Category: りお > 小説   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

書き出しその2

りおです。
「#この書き出しいかがですか」に「#書き出し」で回答もうひとつ。
今回も「桔梗堂」の久遠様が投稿されていた書き出しから、「傷口からはらはらと零れたのは桜の花びらだった。」をお借りしました。
桔梗堂さま、ありがとうございました!

以下回答。

傷口からはらはらと零れたのは桜の花びらだった。繕い針が指を刺したのだが、着物にも血痕はない。「羨ましい。僕の体は毒だから」「私は樒が羨ましくてよ。あのひとを、口付けひとつで殺せたら」足下に仕舞い込んで独り占めするのに。そう俯いた桜の主人は、今夜も帰って来ないのだろう。

「シキミ」から樒(しきみ)と桜。
体に花びらが流れているのは「流れてゆく花」の花(名無し)もそうなのですが
あれは世界観がばりばり洋風なので、樒のいる世界との折り合いが未だ付けられずにいます。
地繋がりなのやら別世界なのやら。
スポンサーサイト



テーマ : オリジナル小説    ジャンル : 小説・文学

管理人

星香子(イラスト・漫画等)+りお(小説)+ねり(その他)

Author:星香子(イラスト・漫画等)+りお(小説)+ねり(その他)
サイト「多目的615号室」別館。毎日がネタ。詳しくはこちら。

検索フォーム
参加企画など
twitter


QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ