FC2ブログ

多目的615号室

絵:星香子、文:りお、実働部隊という名のニート:ねり、でお送りする創作ブログです。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: りお > 小説   Tags: ---

Comment: 0  

水底の小話

DSC_0729.jpg



 そこはみなそこ。

 柔らかな砂を踏み踏み僕はゆく。珊瑚礁を潰さぬよう、ノレソレの住み処を毀さぬよう。生き物を避けるにはコンクリートを渡るのが良いのだ。青みがかって横たわる校舎を踏み切り板のように使う。僕はふうわりと浮く。足下からやってきた魚群が僕の身体を螺旋を描きながら巡った。僕の頭のてっぺんで、大魚のようだった群れは左右二手に分かれて消えた。
(ここはとっても静かです)
 鉄棒に着地する。強く蹴る。ジャングルジムに着地する。強く蹴る。登り棒の隙間を猫鮫が横切っている。鉄は全て腐食して赤黒い。新雪のような藻に僕の足跡は残らなかった。
(耳の奥がキンとする)
 わぁん、わぁん、泣き声のように反響する。朽ちかけた縁側、物干し竿を辿る。洗濯物はきっと流れて行ってしまった。
 僕はその時のことを覚えていない。
(ある日突然)
 前触れがあったかも、自分がどこにいたのかも、分からない。
(沈んでしまった)
 気が付いたら此処で揺蕩(たゆた)っていた。白いポロシャツの袖がゆらゆらするのをどんなに眺めていても息苦しくならなかった。静かだった。頭の上で陽光が差す。いつしか暗く冷たくなる。光陰は繰り返した。静かだった。僕は取り残されたのだ、と思った。
(仕方がないことだったんだ)
 波に巻かれて歩き出した。それから歩き続けている。どこまでも僕はゆく。

 そこはみなそこ。
スポンサーサイト

テーマ : ショート・ストーリー    ジャンル : 小説・文学

Comments


管理人

星香子(イラスト・漫画等)+りお(小説)+ねり(その他)

Author:星香子(イラスト・漫画等)+りお(小説)+ねり(その他)
サイト「多目的615号室」別館。毎日がネタ。詳しくはこちら。

検索フォーム
参加企画など
twitter


QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。